イマツボソリューションアーカイブ

イマツボソリューション(Vol.1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、お疲れ様です。
ダブルフロンティア代表の八木橋です。

7/4の米国独立記念日にこちらの新サイトを立ち上げまして、これからWF第2章、つき進んで参ります!

http://www.wfrontier.jp/

このサイト立ち上げに合わせて、週一回、メールでの情報配信を始めたいと思います。
ダブルフロンティアCrewの仲間たちに向けて。
まー、いわゆる、メルマガです。

配信は日曜日の黄昏時、月曜日からまた企業戦士として戦うビジネスマンに向けて。
日々のサラリーマン生活でも、Crew活動でも、活力源となるようなメルマガにできればと思っています。

今後、WFのサイトhttp://www.wfrontier.jp/に掲載するソリューションをどんどん増やしていきます。
その掲載の中から、イマツボソリューションをピックアップして説明、また売りとなるツボ、
ビジネス成功事例等を、このメルマガでCrewの皆さんと共有できれば。と。

「お、この商材あの人に紹介するといんじゃん」「これならオレもセールスできるぜ」みたいな。
メルマガを読んで、少しでも多くのCrewたちに「ワクワク感!」を感じてもらえたら。と思います。

まだまだひよっこのメルマガですが、将来は、ダブルフロンティアCrewの数も増えて、
そしてこのメルマガもホリエモン級になれるように!

***********************************************

1. 今週のイマツボソリューション

Glympse(グリンプス)

http://wfrontier.jp/?p=9

初回はやはり、Glympseですかね。
Glympseとはダブルフロンティア設立時からもう2年間付き合ってます。
米国では2M$(25億円ほど)の資金調達をしていて、エンジニア中心の25人くらいの会社です。

Glympseは米国、欧州では車メーカーにかなり入り込んんでいます。
こちらが最新のプロダクトになります。

http://techcrunch.com/2015/03/03/glympse-launches-a-new-app-to-help-drivers-share-their-locations/

メルセデス、BMW、フォード、ボルボ、ジャガー、ランドローバー他、10メーカーのカーナビにインテグレートされています。

日本での展開で大きな可能性があると思っているのは、BtoBの物流、宅配、交通といった事業での活用です。
特に、エンドユーザーが持つスマホやPCに、移動する車両等の位置情報を送る手段として活用ができます。
ピザの宅配とか、バスの位置情報通知とか、相性良いソリューションになります。

Uber(ウーバー)という米国で爆発的に伸びているタクシー配車サービスを聞いたことがあるかもしれませんが、
Uberと同じようなユーザインタフェースを、クライアントブランドでGlympseを使って実現することができます。

こんな業界でGlympseは活用できます。
・小売/サービス業界
・物流/運送業界
・通信業界
・警備業界
・介護業界
・保険業界
・自動車業界

2. 今週のイマツボニュース

ソーシャルネットワークからマーケットネットワークへ

http://jp.techcrunch.com/2015/06/29/20150627from-social-to-market-networks/

まさに、ダブルフロンティアが今まで考えてきたビジネスモデルでしたので、この記事を読んで「おっ!」と思いました。

(引用)
マーケットネットワークの特徴は以下のようにまとめられる。
• ネットワークとマーケットプレイスの両方の主要な要素を併せ持っている
• SaaSのワークフローソフトウェアを活用し、短期の取引だけではなく、長期のプロジェクトでのやりとりに焦点を当てて設計されている
• それぞれのサービス提供者を差別化して打ち出し、彼らが他のユーザーと長期の関係を作るのを促進する

上記は直訳なんで、特に3点目、分かりにくいかと思いますが。。。原文はこちらです。
• Promote the service provider as a differentiated individual, helping to build long-term relationships

クラウド上で、異なる個々を集めてプロジェクト化し、クライアントにサービスを提供する。ということだと私は理解してます。
それによって、現在主流のクラウドワーキング(デザインや翻訳といった一発仕事)とは違った、
ロングタームのリレーションシップをクライアントと築けますよ。と。

昔、結婚式を挙げたとき、トイメンにブライダルコーディネーターと呼ばれる、世話役の方が居たかと思います。
このブライダルコーディネーターの後ろに、結婚式会場の人、ドレスの仕立て屋、花屋、引き出物の商人…etcが居て、
それがプロジェクト化され、遂行されていたかと思います。
で、このブライダルコーディネーターがイケてるかどうかで、クライアント(結婚式を挙げる2人)の満足度はかなり違うと思います。

この仕組み、プロジェクト化を、リアル100%でなく、クラウドでやれる部分はクラウドでやってしまおう。との考えです。
デザインや翻訳、プログラミングといった仕事はクラウドでもできますが、それ単体では単価はたかがしれてます。
プロジェクト化されて、仕事のボリュームも大きくなって、売上・利益も大きくなります。
叩き売りのクラウドワーキングでなく、ブライダルコーディネーターのように質を重視したクラウドワーキングを、これからもダブルフロンティアは目指しています。

そのためには何が必要なのか。を、次回のメルマガで書いてみたいと思います。

それではみなさん、明日の月曜日から、今週も頑張って参りましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
WFrontier Inc.
ダブルフロンティア株式会社
〒101-0065
東京都千代田区西神田2-5-8 共和15番館8階
Email : info@wfrontier.jp
Tel/Fax : 03-3221-8090
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加